睡眠薬を通販で買うことのメリットとは?市販・処方との違いについて

眠れない夜に睡眠薬が役に立つ

「眠れない」という症状が悪化して日常生活に支障をきたし始めたら、それは不眠症のサイン。
現在の日本では成人の5人にひとりが悩んでいると言われているほど、不眠症は一般的な病気として広まっています。
(※厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイト

眠りたくても眠れない夜を過ごすのは辛いものですし、眠れなさがストレスになってしまうことも。
しかし「たかが睡眠不足で病院にいくほどではない」と、対応を後回しにしてしまうと症状はどんどん悪化してしまいます。

安定した睡眠を得て、仕事や家事・育児でのクオリティを維持するためには、睡眠薬の力に頼ってみることも大切。
睡眠薬は心療内科やメンタルクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、実は通販でも購入OK。
病院を受診することに抵抗がある人や多忙で通院時間がとれないという人に、ぜひ活用してもらいたい方法です。

どうして通販で買えるのか

「睡眠薬は病院で処方してもらうものじゃないの?」という疑問を持つ人は多いでしょう。
処方薬を通販で買うなんて怪しい…と思うのは当然。

ここで言う通販は「個人輸入」のことで、海外で流通している医薬品を輸入する方法です。
自分で服用するという目的の場合のみ、外国の薬を通販することは薬機法でも認められていると知っていましたか?
現地にあるメーカーや販売店から直接発送されるので、日本からの処方箋は必要ありません。
つまり、通院しなくても睡眠薬が手に入るということ。

輸入と聞くと難しそうなイメージがありますが、利用するのは個人輸入代行の専門サイトです。
外国人とのやりとりや通関手続きといった面倒なことはすべて引き受けてくれるので、利用者にとっては楽天やアマゾンといったごく一般的な通販サイトと同じようなもの。
サイトにラインナップしている商品=医薬品のなかから、使ってみたい睡眠薬を選んで注文するだけでOKです。

睡眠薬の個人輸入について

通販で買える睡眠薬の効果

外国製の睡眠薬なら通販可能なことはわかりましたが、薬としての効果は信用できるのでしょうか?
「通販で買える海外の薬なんて信用できない」という人がいるかもしれません。

通販で取り扱われている医薬品の製造国はインドやシンガポール、アメリカなどさまざまですが、なかでもインド製が多く流通しています。
インドは高い製薬技術を低コストで実現できると評判で、世界各地の製薬会社がアウトソーシング。
特許が切れた医薬品のジェネリック開発にも注力されており、すでに確立されている有効性や安全性をそのままに再開発された後発薬が豊富に広まっています。

日本で処方薬として用いられている睡眠薬のなかには、海外でジェネリック医薬品として広まっているものも。
優れた入眠効果で評判の「ルネスタ」や抗不安薬としても使用されている「ソナタ」などがあり、医療機関を受診して処方してもらうのと同じ薬なら安心。
通販で買える睡眠薬=処方薬と同じ効果、ということですね。

睡眠薬の通販購入はこちら

通販で買うメリットとは

メリットを考える

処方薬と同じレベルの睡眠薬が通販で買えるということには、さまざまなメリットがあります。

【通院の必要がない】
精神科や心療内科へ足を運ぶのはハードルが高いと感じている人や、病院で人目につきたくないという人も睡眠薬を入手できます。

【ジェネリックなので安く買える】
海外医薬品のなかには、日本では手に入らないジェネリック医薬品が多くあります。
ジェネリック=後発薬で、開発コストが大幅に抑えられているため販売価格も非常にリーズナブル。診察料金や調剤費用がかからないので、睡眠薬にかける費用が大きく節約できます。

【薬が自宅に届く】
仕事が多忙で病院に行く時間が作れない人でも、通販なら24時間いつでも注文可能。
たとえ夜中でもスマホやパソコンから手軽に注文できるうえ、自宅に配達されるのを待つだけです。

不眠をどうにかしたいと思ったときに、物理的にも経済的にも負担を小さくできるのが通販の魅力。
眠れないとストレスを抱え続けている人は、まず手始めに通販サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

通販で買うデメリットとは

デメリットを考える

メリットの裏には、もちろんデメリットもいくつかあります。

【購入・服用は自己責任】
個人輸入で買った睡眠薬を服用して、重篤な副作用が起こったとしても国に救済措置(費用の援助)を求めることはできません。
薬の成分、効果、副作用について十分理解しておく必要があります。

【すぐには届かない】
海外から発送されるため、到着までにはどうしても日数がかかってしまいます。
1週間~2週間が目安ですが、発送国の状況や税関の混雑具合によって配達にかかる日数は変動します。

病院で処方してもらう

睡眠薬を使うなら病院で処方してもらうのが安心、という人もいるでしょう。
医師と面と向かって相談できることで、心の負担も軽くなりますよね。
処方薬を選ぶとなにがイイのか?不便なことはあるのか?
睡眠薬のための通院についてみていきましょう。

処方薬のメリット

メリットを考える

自分が抱えている症状について医師と顔を合わせて相談できる。
自分に最適な睡眠薬を指示してもらえる。
もしも重い副作用が出た場合に、公的な救済措置(医薬品副作用被害救済制度)が受けられる。

処方薬のデメリット

デメリットを考える

通院に費用がかかる。(交通費、診察・検査費用、調剤費用など)
定期的な通院のためにスケジュール調整が必要。
病院で知り合いに遭遇する可能性がある。

市販薬を買ってみる

近所の薬局やドラッグストアで手軽に購入できる市販の睡眠薬もあります。

市販薬のメリット

メリットを考える

必要なときにすぐ購入できる。
通院費用が必要ない。

市販薬のデメリット

デメリットを考える

期待した効果が得られるとは限らない。

市販薬は睡眠改善薬といって、一時的な不眠の症状を解消するためのもの。
さまざまな症状の人が服用する前提で作られているため、個別のコンディションに合わせて選ぶことはできません。
そのため、効果が感じられないというケースが起こりやすくなります。

睡眠薬を通販で買うリスクとは

睡眠薬を通販購入することには、さまざまなメリットがあります。
しかし、良いところにばかり目を向けていては危険。
通販特有のリスクについて知っておかなければ、思いがけずトラブルに巻き込まれてしまうことも。
ネットで睡眠薬を買うということには、どのような危うさが潜んでいるのでしょうか。

・代金を支払ったのに商品が届かない
・注文したものと違う商品が届いたのに、返品・交換に対応してもらえない
・届いた薬を服用したら体調が悪くなった

詐欺や健康被害といった災難に遭ってしまうのは、利用したサイトが悪徳業者だから。
海外メーカーとの取引がない、商品は偽造薬や粗悪品ばかりといった違法な営業をしているサイトに引っかかってしまったら、安全な睡眠薬を使うことはできません。

通販を利用する前には、適正な運営を行なっているサイトを選ぶことが大切。
個人輸入では自分の身は自分で守るということを頭に入れておき、サイト探しから睡眠薬の服用まで常に安全第一を心がけましょう。
(※個人輸入のサイト選びについては、「個人輸入のココに注意!安全なサイトの選び方」を参考にしてください)

睡眠薬を通販購入している人の声

では実際に、通販で買える睡眠薬を服用している人はどのような感想を持っているのでしょうか。

きちんと届くのか?
眠れるようになっているのか?
どんな睡眠薬を買っているのか?

リアルな声を参考に、不眠症改善にうまく役立てていきましょう。