自然な眠りが欲しい人にイチオシの睡眠サプリ

「眠れないことがあるけど、睡眠薬を使うのは避けておきたい」
「昼夜逆転のシフトで睡眠サイクルが乱れてしまった」

不眠症というほどではないけれど、睡眠リズムが安定せずに困っている・・・。
そんなときにはメラトニンを摂取して、人間の身体にもともと備わっているサイクルを整えてあげましょう。

メラトニンは、強制的な睡眠ではなくナチュラルな眠りを求めている人にピッタリのサプリメントです。

体内時計のリズム改善にメラトニン

メラトニンサプリで自然な睡眠サイクルを実現

メラトニンは体内で生成されているホルモンのひとつです。
太陽が昇ると目を覚まして活動し、陽が沈むと眠くなるというのはメラトニンが正常に働いているから。

幼児期に分泌量のピークを迎え成長とともに減少していくという性質をもっているため、年齢を重ねるにしたがって「寝つきが悪くなってきたな」と感じやすくなってしまいます。
また、夜遅くまで電気をつけて明るい部屋で起きているとメラトニンの分泌が減少。
夜間の仕事をしている人の睡眠サイクルが乱れやすいのはこのためです。

メラトニンサプリを摂取することで、

・加齢とともに減少したメラトニンを増やす
・メラトニンを増やすことで自然に眠気を起こす

という効果が得られます。

メラトニンサプリは市販されていない

サプリメントならマツキヨあたりで買えるでしょ、と考える人は多いでしょう。
ところが日本ではメラトニンは医薬品扱い。
ドラッグストアでは買えないどころか処方できるメラトニン製剤が販売されておらず、医療機関を受診しても処方してもらうことはできません。

アメリカではサプリメントとして広く流通していて、手軽に利用できるメラトニン。
それを個人輸入専門の通販サイトで購入すれば、日本でもメラトニンサプリを試すことができます。

サプリのメラトニン含有量は、1mg・3mg・5mg。
大きな体格のアメリカ人向けに展開されているので、日本人が飲み始めるときは1mgから始めるのがベター。
しばらく服用してみて効果が乏しいと感じるときには、少しずつ量を増やしてみましょう。

メラトニンサプリメント
メラトニンサプリ

メラトニンの働きによって体内時計のサイクルを正常にすることで、自然な眠りへと導きます。
不眠症の気配がある人だけでなく、時差ボケがいつまでも治らない人にもおススメのサプリメント。
派手な効果はないものの、薬に頼ることには抵抗があるという人には最適です。

どんなメラトニンを選ぶ?

メラトニンは即効性の期待はできないものの、時差ボケが治らないというケースから不眠症かもしれない…という人まで、さまざまな不眠の症状改善に用いられます。

メラトニンサプリには2種類あり、症状に合わせて選ぶことが可能。
サプリの特徴と自分の症状を知っておけば、より効果的な活用ができるはずです。

メラトニンタイムリリース

メラトニンは基本的に、スムーズな入眠のために服用します。
しかし体質や不眠の程度によっては夜中に目が覚めてしまうことも。
睡眠時間を確保したいという人は、メラトニンタイムリリースがおススメです。

錠剤がコーティングされているので成分の吸収が緩やかになり、効果がゆっくりと現れるのが特徴。
タイムリリース、つまり時間差で作用するので効果が持続し、朝までしっかりと睡眠を維持してくれます。

じょじょに効果が現れるといってもメラトニンの含有量は5mg。
通常のメラトニンサプリよりも強い作用を感じる人は多いよう。
メラトニンサプリはイマイチだった…という人は一度試してみてください。

メラトニン受容体作動薬・ロゼレム

メラトニンの働きをサポートする医薬品・ロゼレムを知っていますか?

メラトニンサプリはメラトニンそのものの量を増やすために服用しますが、ロゼレムはメラトニンの受け皿を増やすことでメラトニンの働きを増強する作用があります。
体内時計のリズムを正常化するという目的は同じですが、医薬品なので精神科やメンタルクリニックで処方してもらわなければいけません。

ロゼレムのジェネリック医薬品は個人輸入の専門サイトでも取り扱われているので、メラトニンサプリとどちらを試してみるか検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする