はじめての睡眠薬ならルネスタがおすすめ

睡眠薬にはさまざまな種類があり、はじめて睡眠薬を使ってみるという人は迷ってしまうかもしれません。
不眠症の治療において、最初の段階でよく用いられるのがルネスタ
アモバンという睡眠薬の改善版として、優れた入眠作用と副作用の少なさで評判を集めています。

ルネスタは処方でも使われる

不眠症で医療機関を受診した際、睡眠薬を使い始めるにあたってルネスタを処方されることは多くあります。
効きが早くて翌日への持ち越しがほとんどなく依存や耐性といったリスクが少ないことが、はじめての薬として選ばれている理由。

そんなルネスタは、病院へ足を運ばなくても海外医薬品として通販での購入が可能です。

ルネスタはどんな睡眠薬なのか

ジェネリックが豊富

日本で処方薬として用いられているのは先発薬のルネスタのみですが、海外ではすでにジェネリック医薬品が広まっています。

フルナイト
サンファーマ社(インド)・2mg×50錠4,040円
ソクナイト
スマート社(インド)・2mg×50錠4,040円
ハイプナイト
Consern Pharma社(インド)・2mg×50錠4,040円、3mg×50錠4,940円
エスゾピック
Lloyd Laboratories社(フィリピン)・2mg×60錠4,270円、3mg×60錠5,120円

などがあり、有効成分・エスゾクロピンの容量のバリエーションや錠剤の大きさ、販売価格などから選ぶことができます。

フルナイト(ルネスタ・ジェネリック)
ルネスタジェネリック

ルネスタのジェネリック医薬品。
アモバンの改良版として、少ない成分で優れた入眠効果を発揮するのが特徴です。
独特の苦味が軽減され、より使いやすくなりました。
服用後30分~1時間ほどで眠気が現れるので、入眠障害で悩む人にピッタリの睡眠薬です。

即効性◎入眠障害に最適

ルネスタやそのジェネリックの主成分はエスゾクロピンで、GABA受容体作動薬・非ベンゾジアゼピン系に分類されます。
脳の緊張状態をほぐしてリラックスさせ、眠りやすくするというもの。

作用のピークは30分~1時間、半減期は約4時間

つまり服用後30分ほどで眠気が起こり、4時間ほど作用が持続します。
高い即効性を持っているので、なかなか眠れないという入眠障害にうってつけ
効果が得やすいルネスタやジェネリックは、不眠症治療をはじめる段階で頼りになる睡眠薬なのです。

ルネスタの欠点としては、独特の苦味が挙げられます。
成分が腸で吸収されて血液によって運搬される際に、唾液からも分泌されるため苦味が出ると考えられています。
何も知らずに睡眠薬を服用して不快な味が続いたら驚くかもしれませんが、味覚障害が起こるかもと心構えができていれば不安にはならずに済みますよね。

ルネスタの特徴は、

・処方薬だけど通販でも購入可
・入眠効果が高い
・作用の持続時間は短い
・苦味が出る可能性がある

予備知識としてもっておき、睡眠薬を選ぶ際の参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする